病院検索はHOSPITAL JAPAN(ホスピタルジャパン)






病院名東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科

院長医学博士 楠山敏行
診療科目
院長院長医学博士 楠山敏行(クスヤマトシユキ)
住所東京都港区港南2-6-7
電話番号03-6712-9772

東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科の営業時間
9:30〜12:30×××
14:30〜18:30××××
14:30〜16:30×××××××

最寄駅
「JR山手線」「品川駅」「徒歩7分」
「JR横須賀線」「品川駅」「徒歩7分」
「JR成田エクスプレス」「品川駅」「徒歩7分」
「JR京浜東北線」「品川駅」「徒歩7分」
「JR東海道本線(東京-熱海)」「品川駅」「徒歩7分」
「京急本線」「品川駅」「徒歩9分」
「京急本線」「北品川駅」「徒歩11分」
「都営浅草線」「泉岳寺駅」「徒歩16分」
「京急本線」「泉岳寺駅」「徒歩16分」
「京急本線」「新馬場駅」「徒歩16分」
ホームページhttp://www.tokyo-voice.com/
医院紹介
2010年1月12日東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科を開業いたしました。
専門医としての耳鼻咽喉科地域医療と国際医療福祉大学東京ボイスセンター副所長としての経験を生かしたボイスクリニックを併せもつ施設を開設しました。

最新の医療機器を備えた専門性に基づく質の高い医療とクリニックならではの細心の対応を機軸に、優しく、わかりやすく、対話を大切にした医療を提供いたします。

診療内容(ボイスクリニック)診療内容(ボイスクリニック)

声嗄れ(こえがれ)、声のかすれや、発声時・歌唱時ののどの違和感、のどの不快感などの「声の悩み、のどの悩み」の診断と治療を専門に行うのがボイスクリニックです。 声嗄れ、のどの違和感の原因疾患が声帯癌や咽頭癌の場合もあれば、ネブライザー吸入や耳鼻いんこう科的処置といった短期間の外来通院加療で治る炎症性の疾患の場合もあります。

1) voice userの喉頭検診

 歌手、俳優、アナウンサーなどのvoice userの声帯病変の有無につき喉頭内視鏡、音声検査、音響分析などを使用し、検診を行います。また、言語聴覚士による病的な声の使用の有無などに関しても併せて検診し、声の衛生指導に繋げます。


2) 喉頭がん検診

 音声障害の原因の一つである喉頭がんは早期発見ではほぼ100%の治癒率ですが、進行性の場合は喉頭全摘出術となり、喉頭機能の完全喪失となってしまいます。検診のもつ意義は極めて大きいものとなっています。発声機能温存のためには喉頭がんの早期発見が極めて重要です。

主な医療設備喉頭ストロボスコープ(永島医科:LS-3A)
声帯振動をスローモーション画像で観察し、特に職業歌手の発声モードによる微小変化などを検出します。

FICE(富士フイルム:Sapientia分光内視鏡画像処理システム)
波長を分解してみやすく再構築を行い、通常光では見つからない微小浸潤癌の診断に役立てます。

鼻咽喉電子スコープ(富士フイルム:ER-530S)
ø3.5mmの汎用内視鏡は「スーパーCCDハニカム™」を搭載し、高解像度画像を実現しています。

鼻咽喉電子スコープ(富士フイルム:ER-270P)
ø2.9mmの細径内視鏡で乳幼児の鼻咽喉の観察も安全に行います。

処置用鼻咽喉電子スコープ(富士フイルム:ER-530T)
「スーパーCCDハニカム™」による高解像度画像のもと、異物摘出術や生検などの手術を行います。

発声機能検査装置(永島医科:PS-77E)
声の高さ、強さ、効率などを計測します。

音響分析装置(ペンタックス:コンピュータスピーチラボCSL4500)
音声をデジタル信号処理することにより診断と治療評価に役立てます。

言語聴覚室
専用の施設で音声の検査や訓練を行います。

聴力検査装置(リオン:AT-64A)
外部の音を入れない遮音室をつくります。

インピーダンスオージオメーター(リオン:RS-22)
鼓膜や中耳腔の状態を調べる検査です。
病院詳細情報最新の医療機器を備えた専門性に基づく質の高い医療とクリニックならではの細心の対応を機軸に、優しく、わかりやすく、対話を大切にした医療を提供いたします。

1.耳疾患
外耳炎、急性中耳炎、慢性中耳炎、小児急性中耳炎、小児滲出性中耳炎、めまい、耳鳴り、難聴など。

2.鼻・副鼻腔疾患
花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻出血、嗅覚障害など。

3.のどの疾患
かぜ、扁桃肥大、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、咽喉頭異常感、頸部腫瘤、胃食道逆流症など。

品川駅港南口駅前に専門医としての耳鼻咽喉科はもとより、声とのどの疾患を専門としたボイスクリニックを併せもつ施設を開設致しました。
医院写真
音響分析装置(ペンタックス:コンピュータスピーチラボCSL4500)
音声をデジタル信号処理することにより診断と治療評価に役立てます。

インピーダンスオージオメーター(リオン:RS-22)
鼓膜や中耳腔の状態を調べる検査です。
東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科の
クチコミ情報
東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科の
クチコミ投稿
お名前
クチコミ情報:


東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科の地図


Copyright & Produce HOSPITAL JAPAN All right reserved